一年遅れの大学生がはしゃぐ場所
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
07:52:33
少し遅れましたがペナントレースが開幕しました^^

毎年のことですが本当に楽しみです^ω^
ただ、わが横浜は村田がいないせいか打つ方でもしっかりせずWBC選手派遣を断ってまでシーズンに焦点を合わせてきた中日に開幕連敗(´・ω・`)

しっかりして欲しいです^;
では追記でもっと詳しく


まず、自分の順位予想です~

1位巨人
2位広島
3位ヤクルト
4位阪神
5位中日
6位横浜orz

1位は・・・言うまでもありませんw
モナ岡と林を放出して日ハムの守護神M.中村を獲得し中継ぎ陣に更なる厚みをもたらしました。
打つ方も今年は李スンヨプがしっかりキャンプに参加して、オープン戦のHR王だったのを見れば去年のような醜態をさらすとは思えませんし他の奴らも兎に角凄すぎる。誰が監督やっても1位取れます・ω・


2位には去年一気に4位に上がってきた広島。

なんと言ってもこのチームは野球が上手い。質がセの球団ならダントツで高いです。
赤松、天谷、東出といった打てて走れる選手がスタメンにも多く存在し、塁に出れば投手を惑わす機動力で一気にチャンスを作れるのが魅力的。新球場は広いのでその機動力が更に活きることになります
長打力では高打率と本塁打数を両立する栗原が4番、守備には難があるが打撃には以前定評のあるシーボルがいます。
早速この2人は打ちまくっているようで、ケガさえなければ1年間フル稼働の予感すらします^;

守備では我が横浜を自由契約になり獲得した石井琢朗、同じく横浜出身の木村らがベンチに控えて、守備固めも万全と意外と隙がない球団。
投手力はルイス、前田健太、大竹を筆頭とする先発、サウスポーがいないながらもシーズン通して使えるタフネスが揃うリリーフ陣と以前のカープとは見違える。

そして選手の能力、特徴を活かすブラウン采配もなかなかのものがあり、Aクラスは堅いと見ました^^


3位は昨年5位に終わった高田ヤクルト。
攻撃面では福地、川島慶三と塁に出るとうるさい2人が1,2番を張り、3番にはスラッガー青木が控えます。青木が与えるプレッシャーは凄まじいモノがあると思いますし1,2番のどちらかが出塁するだけで投手は精神的にやられると自分は思います
この流れはカープとどことなく似てますがヤクルトは和製大砲がいないのが悩みですかねぇ。一応畠山がいますが確実性を考えるとまだ厳しいかなぁと・・・
ただヤクルトが獲得する外国人はアタリが非常に多く、肘のケガから復活したガイエル、オープン戦で打ちまくった新外国人デントナが4,5番に座り不足がちな長打力をカバーしてくれると期待しています^^
またこの2人が出ることにより去年レギュラーで走攻守揃った飯原、日本一安い4番となっていた畠山が控えにいるという事実も非常にプラス要素になっていると考えます。彼らは若いので試合に出してあげたい所なんですがね^;

守備では横浜から相川を取ったことで漸く捕手固定か。ただ去年記録的大敗を喫した横浜の正捕手をいつまで使い続けるのかってのもありますね。川本という良い素材があるのにそれを飼い殺すのは勿体ないですし相川がいなくなったらまた正捕手問題に頭を抱えることになってしまいます。

投手は期待の佐藤由規、エース石川、昨年最優秀勝率の館山が引っ張る先発陣だがやっぱりコマ不足かも・・・。川島亮は新人王を取った年のような投球が戻らないと厳しいかもしれない。あとベテランの木田が先発転向のようですが年齢的に何度か疲労回復を目的に2軍に行くこともあるでしょうから丸山、増淵らの台頭に期待しましょう。
救援陣は速球右腕の押本、復活した158km右腕の五十嵐亮太、セットアッパーでブレイクした松岡、そしてWBC決勝でイチローに最後ヒットを打たれたイムチャンヨンが控えます。救援陣はなかなかの実力があるだけにいかにして勝ちパターンにしてイムチャンヨンに回すかが問題ですね。

4位は阪神。去年の雪辱は難しそうです
打撃は相変わらず迫力不足。打率を残せる打者は多いだけに長距離砲が欲しいところ。そうすれば赤星らの機動力も生きてくるし、得点力もグッと上がる。・・・って分かり切ってる事ですけどね^;
阪神は外国人を取ってくるのが下手ですねぇ。去年のフォードに続き今度はメンチを取ってきましたが結局メジャーで実績があろうが日本の野球に対応出来ないんじゃお役ご免でしょう。金があるなら広島にいたアレックスを取ればよかったんじゃないかと思ってしまう・・・・

守備面は矢野の開幕一軍アウトがでかい。ここ最近は矢野が殆ど引っ張ってきていただけに大きな痛手。またサードに回った新井もなんだかピリっとしない。新井の守備に期待する人はいないですけどケガの影響とかあるならサードは新井のためにもやめてあげたほうが・・・

投手陣はやっぱり先発に難あり。ロッテから久保を取ってきましたが1年目以外は良い成績ではないので期待はできないかなぁと。先発転向した久保田、WBC代表の岩田も開幕アウトで計算出来るのが安藤と下柳くらいしか思い浮かばないのが悲しい。
ただ救援陣は相変わらずのトップレベル。久保田が中継ぎからいなくなりましたがあんまり良くなかったのでそこまでのダウンにはならないかと。どのリリーフ投手も他球団なら勝ちパターンを任せられるレベルなだけになんとか先発には5回を投げきってバトンを渡してあげて欲しいモノです^^


5位は中日。拒み続けて・・・・
打撃面はタイロンウッズ、中村紀洋が抜けチームHR数の4割近くが減った計算になります。ブランコ、森野、和田でも悪くはないけれど得点力の減少は否めない。オープン戦で凄まじい活躍を見せた藤井、社会人No1外野手のドラ1野本に期待が集まります。また平田、堂上兄弟、新井弟の若き大砲たちの飛躍によっては順位予想を軽々ひっくり返してくれそうです・ω・

守備面では相変わらずの堅守。本当に穴がないといって良いくらいw
この辺は説明いらんでしょう。

投手は若手が増えたのが特徴的。ただ実力のある若手が多いのである程度は計算出来るかなと。
ただこちらもエース川上が抜けたのが結構なダメージですね。それでも先発転向の浅尾、吉見、ベテラン山本昌ら先発陣と守護神岩瀬が相手の脅威になるのは間違いないでしょう。ただ問題はどう岩瀬に繋ぐかってところでしょうかね。中継ぎが薄い感じがします。

どちらにせよ大きな戦力ダウンが起きてしまった中日は若手の台頭がないと厳しいです。


6位は我が横浜。無理ゲー
打撃面はなんと言っても内川、村田、吉村の強力クリーンアップが魅力的。金城のスランプ脱却、大西、佐伯の出番増があれば打力は上がるものの監督が頑なに1選手を使い続けてしまうため打力が細い。
ジョンソンも確実性がなく早くも見切りの段階に入ったか。
また石井琢朗、鈴木尚典がいなくなって迫力もなくなったのが痛い。
若手も多いがいまいち目が出ない。今年入団の松本には大きな期待がかかる

守備面は相川の移籍があり、石井琢朗が抜けたことにより2つのポジションが競争状態にある。
今が若手にとっては絶好のチャンスのため、是非奮起して欲しい。

投手は・・・・^;
とりあえず抑えることにだけ集中して欲しいですw


最後適当になってしまいましたがこれからも野球ネタ書いていくんでよろですw
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://jakyou.blog116.fc2.com/tb.php/58-1a197071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
星が見える名言集100
プロフィール

Nor1su-K

Author:Nor1su-K
ロゼッタは俺の嫁。
Playing・・・マリオカート7

憂ちゃんとマミさんとユキムラをこよなく愛する白いゴキブリ

パワプロNEXT選手名簿作成済。見たい方はカテゴリからどうぞ

【Skype:norisu-k】
【Twitter:Nor1suK_F】

CalendArchive
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
PikaPika_Atlantis
Present's by
Sun Eternity
ノリスケに釣られた人数
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
エアーッ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。